あいまいもこ

厄年に怯えるアラサーが、曖昧模糊とした気持ちと本の感想を綴るブログ。

【スピッツ】好きな歌詞【人生編】

【スピッツ】好きな歌詞【人生編】

 こんにちは、そらまめf:id:tekuteku_michikusa:20170331142439j:plainです。

 

今日はスピッツの曲の中でも、特に好きな歌詞をご紹介したいと思います。

好きな歌詞が沢山あるので、人生を変えてくれた人生編と、恋愛中に聴いて欲しい恋愛編にわけました。(誰)

 

 

子グマ!子グマ!

 

トロフィーなどいらないから こっそり褒めて

それだけで あと90年は生きられる (子グマ!子グマ!)

 「子グマ!子グマ!」は自分の元から巣立っていく子供への想いを、親目線で歌った曲だと私は解釈しています。

 

この曲の歌詞はどれも泣けるんですけど、特にこのフレーズがジーンときます。

 

 

 

醒めない(通常盤)

醒めない(通常盤)

 

 

スピカ

 

割れものは手に持って 運べばいいでしょ(スピカ)

このフレーズで、幸せって割れものだってこと・大切なら大切に持っていないとうっかり落として失ってしまうということに気付かされます。

今持ってる幸せを大切にしよう。両手で持って…

 

この「スピカ」という曲がとにかく好きで、常に暗い私の心を明るく照らしてくれる曲です。

幸せは 途切れながらも 続くのです(スピカ)

幸せって点であり、線じゃないんですよね。

“ずーっと永遠に幸せ”ってどこにもなくて、振り返った時“あの時幸せだったな”と思う瞬間でできている。

逆に今幸せじゃなくても、必ず幸せな瞬間って訪れる。

 

 マサムネさん天才です!!

 

 

花鳥風月

花鳥風月

  • アーティスト: スピッツ,草野正宗,白井良明,笹路正徳,棚谷祐一,土方隆行,クジヒロコ
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1999/03/25
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 54回
  • この商品を含むブログ (169件) を見る
 

 

三日月ロックその3

 

抜け出したい気持ちなら 桜が咲くたび現れる

わかってくれるかな? 君なら(三日月ロックその3)

わかります!

学生の頃、4月のクラス替えが憂鬱でした。また一から人間関係を構築しないといけないなんて…。

とにかく嫌でしょうがありませんでした。

友達がいないと思われるのが嫌で、休み時間にひたすら廊下を歩いたことも…。

 

そんな子供の頃からの気持ちが染みついているのか、今も春は苦手です。

今でも桜を見ると現実から逃げ出したくなる(アラサー)。

でもこの歌詞を聞くと、私だけじゃないんだって励まされます。

 

マサムネさんがどんな思いで書いたのかはわかりませんが…。

 

 

おるたな

おるたな

 
ナンプラー日和 

 

エライ先生もテレビも 教えてくれないことがある

散らばるカケラ繋げたら 宝の地図になったよ (ナンプラー日和)

「ナンプラー日和」は沖縄テイストで、陽気で明るい曲です。

鳥の鳴き声の後に、前奏の三味線…で始まるこの曲は、出だしから暖かい雰囲気です。

 

誰にも教えてもらえないけど、自分なりの正解とか成功の方程式とか、壁にぶつかって考えて乗り越えていくうちに、それが人生の“宝の地図”になると言う意味なのかなと思います。

“宝”って何だろう。それは人生の終わりにしかわからないのかも知れませんが、

もしかしたら“宝”より“宝の地図”の方が大事なのかも。

 

 

スーベニア

スーベニア

 

 

 最後に

他にもまだまだ沢山、スピッツの好きな歌詞があります。

誰も得しませんが、私は書いててとても楽しかったです。 

マサムネさんは天才!!

 

追記:恋愛編もよかったら読んでください。

 

 

www.aimaimokoblog.jp