あいまいもこ

厄年に怯えるアラサーが、曖昧模糊とした気持ちと本の感想を綴るブログ。

あいまいもこ

厄年に怯えるアラサーのあいまいもことした気持ち

今年もセコガニの季節がやってきたで!

今年もセコガニの季節がやってきたで!

こんにちは、そらまめです。

いよいよやってきました、セコガニのシーズン!!

 

セコガニ大好きです。

ずっとこの時を待っていました。

 セコガニとは

『セコガニ』とはズワイ蟹のメスのことで、地域によって呼び方も違うそうです。

私が住む神戸では『セコガニ』と呼ばれていますが、他にはなんて呼ばれているんだろう…。

 

一年で2ヶ月だけ食べられる

私が住んでいる地域では、最近解禁になりました!

やっとスーパーに並び初めて、嬉々としています。

 

すでに3匹食べてしまいました。(痩せる気がない)

 

だいたい2ヶ月くらいしか、楽しむことができないので、思う存分一年分のセコガニを食べたいと思います。 

 内子(うちこ)と外子(そとこ)

セコガニは二段に卵を持っていて、外側の黒っぽい卵が『外子(そとこ)』、内側のオレンジの卵が『内子(うちこ)』です。


黒っぽい外子

オレンジ色の内子

なんともったいない事に、外子が食べられると知らず、昔は捨てていました。

ある日、セコガニ好きの患者さんに「外子を捨てるなんて勿体無い!食べられるねんで〜」と教えてもらい、初めて食べられる事を知りました。

 

でもやっぱり私は内子のトロッとした感じが好きです。

 

セコガニの食べ方

みなさま、どうやってセコガニを食べていらっしゃいますか?

私はスーパーで茹でてあるセコガニを買ってきて、家に帰ってもう一度さっと茹でて、ぬくぬくを食べる。

それだけです。

 

セコガニのお味噌汁やセコガニ丼にしても美味しいみたいですが、めんどくさくて素材の味を楽しみたくて、軽く茹でるくらいしかしていません。

 

先日、実家でセコガニを夢中になって食べるあまり、お箸を折ってしまい、母に怒られました。

いい歳した大人が情けなかったです。

 

大好きなセコガニ、まだまだ食べるで〜!